移動状況

 

2019/8/18
JCG#01062B.古宇郡神恵内村
アワードポイント
TK-105.松浦武四郎歌碑 石碑
TK-106.本陣跡地の碑
PK-225.あんない展望公園
AM-100.神恵内
漁港-179.神恵内(カモエナイ)
素泊まりで宿泊した岩内町のビジネスホテルから神恵内村まで40k約50分かかり到着。ここは今年3月に来て以来2回目。
外気温20℃涼しいくらい。
無線機オンで周波数は昨日のまま4:54 7.054 周波数チェックをかけると恵庭のフレンド局。
いきなり声が掛かったのでびつくり。59+その後道内からも呼ばれて順調にスタート。
07:34この時間になると他エリアからの混信を受けて105局で終了。

かなり不気味な記念碑。少し引いてしまいます。
リクエストのあった京極町へ。名水公園で寄ったけれど車がいっぱい。
10時になると青空が広がり温度も27度。
川上温泉の裏側、尻別川の河川敷で運用。せっかく寄ったのにリクエスト本人と連絡が取れず撤収。
洞爺湖町周辺を廻っていた千歳局が訪ねてきた。
京極、真狩、三ノ原地区は自転車レースの連中と遭遇し殆んど対向車線を走り洞爺湖町香川地区に無事到着。
壮瞥温泉に入り帰宅。2日間交信頂いた方有難うございました。

2019/8/17
JCG#01010A.岩内郡岩内町
アワードポイント
* TK-100.岩内町郷土資料館「松浦武四郎一行の絵」
* TK-101.岩内場所・運上屋本陣跡の碑
* PK-141.岩内運動公園
* 漁港-047.敷島内(シキシマナイ)
新見峠を過ぎて視界の開けた場所に来るといつも見える積丹半島は厚い雲の中。岩内の町に入るとパラパラと小雨。
春に来たとき閉館していた郷土館訪ねて二階ホールに展示されている武四郎一行の絵を撮影し運用場所へ。

説明板より
「安政3年4月27日 松浦武四郎はアイヌの人たち(スイド、サケノカロ)、和人(庄内塩越村常吉、松前富次郎)の4名を伴い、磯谷より雷電避難所を越えて岩内の地に立つ」

岩内運動公園、一番奥の駐車場に止めて運用開始 15:40~。
たまに犬を連れた人や散歩の人が来る程度でほとんど貸切状態。
17時近くなりようやくと呼ばれ始め18時過ぎで終了、蘭越町と合わせて120局。

2019/8/17
JCG#01009A 磯谷郡蘭越町移動
アワードポイント
* 武四郎-099.探検地上陸地点標柱
* AM-016.蘭越
* 湯-0108.ニセコ新見温泉
* FA-253.紅葉の滝
* 漁港-048. 尻別(シリベツ)第1種
明方まで激しい雨も止んで明るくなり青空も見えてきたので出掛けることに。
洞爺湖町まで高速にに乗り豊浦町の山を通り蘭越町昆布へ。
蘭越町から更に山に入り秘湯と云われていた新見温泉前にの空地で運用
100年も続いた温泉も後継者も無く街中のスパー銭湯に押され今は面影も無く廃墟となっています。

新見温泉から約0.8kで紅葉の滝入口となります。
滝の横には昔、硫黄を採掘した洞窟があります。
(3枚の画像は昨年8月に撮ったものです)
気温も上がり始め27度になり風も無く汗を拭き拭きの運用でした。
13:46丁度1時間で30局で交信終了。
新見峠を下り岩内町へ。


2019/7/30
JCG#01037A 白老郡白老町移動

 

白滝水流橋から白滝

* FA-262 白滝(250選)
* TK-163~165
* AM-064
GL:QN02NP
アワード申請も途切れて中休み。
夏らしい日々になり今日も28度、今回は滝250選の白老町白滝に移動。
こだわって滝の近くで運用するため伊達市大滝区から道々86号線通称「四季彩街道」へ。
ホロホロ峠のシェルターを抜けると四季彩街道駐車場 ん、バリケードがあり入れない。
工事の為、駐車場は使えませんの看板。
白滝水流橋の両サイドに駐車帯があるので白老側のスペースで運用。
外気温は27度。山に入れば少しは涼しくなるかと思い来たけれど無風状態。
窓は全開、結構大型車が通るため一瞬交信不能。゜
3時半から交信開始。途中、Jクラスターに上げて貰ったけれどさっぱり声が掛かりません。
5時まで粘ったけれど17局で終了。トホホの移動でした。

 

 

2019/6/7
JCG#01035A.積丹郡積丹町移動
アワードポイント
* TK-102しゃこたん場所 運上屋跡碑 史跡標柱
* AM-北海道061美国
* FA-北海道261尾根内の滝
* 漁港-北海道230 余別(ヨベツ)第4種
午前1時目覚ましで起床。
睡眠時間3時間ほど、非常に眠たい。
ホームから積丹町沼前駐車場まで共和町経由で147km約3時間、4時に目的地到着。
天候小雨、外気温9℃。
4時28分スタート。5時までの30分間で13局。コンデションは良くない。
小雨も上がり天候回復の兆し。
道内もオーホツク海側から声が掛かるけれど近間はだめ。
7時半になるとスキップしてもう駄目。
10時まで17.6mとアンテナを上げて見た物のコンデションの上昇は期待出来ないと判断撤収

車の前のハマナスの花

7MHz 141局 18.21MHz 18局 ハイバンドは散々でした。

神威岬・神威岩

積丹半島をぐるりと回り仁木町の稲穂峠により4月6日来たとき雪の下だった武四郎の記念碑等を撮影し帰宅。

 

2019/5/19(道北移動6日目)
アワードポイント
武四郎-023~026
AM-北海道140士別
PK-127.ふどう公園
何かの競技があるらしく車が入ってくるため隣接する東側の空き地にアンテナ設置。
7MHz 05時18分~08時15分 143局(内JR8YPQ--68局)
フェードアウトの時間帯コールが取れなくなってきた。

テッシカードを求めて剣淵町絵本の館、和寒町役場は当直の方が居たのでゲット。
リクエストがあったため和寒町でQRV。
01023M.上川郡(上川)和寒町
武四郎-035.近藤重蔵ゆかりの地
AM-北海道048.和寒
湖沼01-LA73,桜岡貯水池
7MHz 10時05分~10時30分 20局

武四郎-032の石垣山の洞窟が気になり行って見ることに。
中愛別のゲートボール駐車場に車を置き愛山橋をわたり愛別発電所横が登山口。
石垣山山頂まで登り帰り道、武四郎が一宿したと言う洞窟の写真を撮り下山。
本格的な登山で13.000歩歩いた。

その後鷹栖町、旭川市で武四郎対象地の写真を撮りホーム着22時30分
今回の移動距離数1.350kであった。

2019/5/18(道北移動5日目)
本日は早朝の移動はなし。
名寄市から士別市へ移動。中士別町の天塩川河川敷の武四郎-024対象地の写真をとり18MHzをホイップで聞いてみると結構賑わっている。
堤防にあがり車を寄せアンテナ設置。
JCC.0120.士別市
アワードポイント
武四郎-023~026
AM-北海道140士別
18MHz 09時18分~10時47分 92局

武四郎-024.天塩川歴史紀行説明板 サッテクベツ 木標柱

武四郎対象地の士別市立博物館へ。ここでテッシカードを頂く。
アワードポイント
武四郎-023~026
AM-北海道140.士別
PK-53.つくも水郷公園
7MHz 14時25分~16時20分 70局
15時台で1時間25局、非常にコンデションが悪く早めに撤収。

 

2019/5/17 (道北移動4日目)
音威子府村2日目の朝の運用
4時58分~7時11分 交信局125局
本日の予定はテッシカードを求めて美深町、名寄市、下川町へ。
途中美深町の森林公園びふかアイランドへより武四郎の記念碑を撮影

武四郎-042.松浦武四郎踏査之地碑 歌碑


下川町ではリクエストに答え剣淵川河川敷で短時間の運用。
JCG#01023H,上川郡(上川)下川町
アワードポイント
武四郎-033.034
AM-044.下川
7MHz 11時50分~12時51分 35局

 

武四郎-029.スーポロ川舟安全祈願金比羅大権現

その後名寄市に戻り
LA-70.忠烈布貯水池
武四郎-027~029
AM-141.名寄
7MHz 14時54分~17時03分 110局
連日早朝の移動と武四郎対象地を探し走り回って疲れたので早々に撤収。


19/5/16 (道北移動3日目)
今日も天候は良さそう。
2回目の早朝の天塩町移動。
4時54分~7時44分 交信局165局(内JR8YPQ--52局)

天塩町での運用を終えて武四郎対象地の写真を撮るのと
テッシカードを貰うため中川町へ。
武四郎アワードを計画してから是非訪れてみたかった場所、北海道命名の地音威子府村字物満内(おといねっぷむらあざものまない)。
天塩川にかかる橋を渡りエコミュージアムおさしまセンター(砂澤ビッキ記念館)を見物し天塩川河川敷でアンテナ設置

JCG#01050A,中川郡(上川)音威子府村
武四郎-037~039
18MHz 10時42分~11時50分  55局

場所を宿泊する天塩川温泉に変えて駐車場の奥を借りて運用。
アワードポイント
武四郎-037~039
湯-0011,天塩川温泉
7MHz 15時05分~17時55分 142局

 

 

 

2019/5/15(道北移動2日目)

昨日宿泊したホテルはひどかった。
遊びに来ているので欲は言いません。
素泊まりで4.600円、3帖間にベットだけ、ボット、テッシュ無し。
タバコの匂いがきつい。トイレは1階のずっと奥。
4時半の目覚ましで起床。コンビニに寄りコーヒーとサンドイッチの朝食。温度は一桁。鏡沼公園のすぐ前の広場にアンテナ設置。今日の利尻島は霞んで ぼんやりとしか見えません。

武四郎-011 松浦武四郎像・歌碑 鏡沼海浜公園

JCG#01045B,天塩郡(留萌)天塩町,
アワードポイント
武四郎.011~015
AM-074,天塩
PK-194,鏡沼海浜公園
湯-0012,天塩温泉
5時18分~8時17分 交信局174局(内JR8YPQ--74局)
交信終了後、テッシカード(武四郎カード)を貰いに豊富町へ

武四郎-008 武四郎天塩川歴史紀行説明板  幌延町総合スポーツ公園内

午後から幌延町、総合スポーツ公園は貸切状態
JCG#01046B,天塩郡(宗谷)幌延町
アワードポイント
TK-008,天塩川歴史紀行説明板
AM-076,幌延
PK-284,幌延町総合スポーツ公園
18MHz 12時08分~13時20分  40局
7MHz13時40分~16時17分  92局
コンデションが上がらずさっぱり呼ばれません。
スカスカの状態なのにサフィックス呼び、フルコールでとアナウンスしても元に戻ってしまいすっかり疲れました。
天塩町に戻り温泉に入りちょっと早めの夕食。

2019/5/14 (道北移動1日目)
まだ真暗な3時半に室蘭を出て、深川経由で留萌から増毛町へ。
約300km 4時間かかり到着。増毛町で武四郎ポイント3個所を撮影。
場所は予め調べて置いたので難なく見つけることが出来た。
増毛から豊富町までは164km 約3時間。途中、小平町と苫前町により武四郎ポイントを撮影し豊富町へ。手塩町から海岸の直線道路を走り稚咲内の砂丘の駅へ。

今は形もない止宿所跡説明板より

『道路のない明治以前、海岸沿いを道路として利用する旅人にとって、
当時アイヌ語でワッカ・サク・ナィ(飲み水が・ない・川) と呼ばれていたこの地は、今の稚内と天塩の中継地でした。そこで、強風と砂に足を取られながらの旅人の休憩と給水のために1840年代に止宿所(番屋とか継立所ともいう) が設けられました。』
幕末の探検家として有名な松浦武四郎も3度この地を通過し、利尻山の雄大な眺めとともに、建物や蔵、そして井戸があったことを彼の探検記にしるしています。(ウエブサイトから借用)

*武四郎の時代から旅人の交通の要所であるこの地、説明板の設置を願いたいものです。


JCG#01046A,天塩郡(宗谷)豊富町

アワードポイント

*TK-007,止宿の地説明板(豊富町稚咲内・砂丘の駅)
*AM-北海道075,豊富
*WF-6-2,●サロベツ原野
*WF-7-4,天塩川(てしおがわ)
*漁港-北海道006,稚咲内


運用場所は稚咲内漁港からです。13時24分~17時05分
交信局185局
その後苫前町移動のHWQ局と利尻町移動でパイルを捌いているDVU局とサフィックスのHの来るのを待っていて17時47分に交信しアンテナ撤収。
夕日が丁度利尻島の真上でした。

 

 

2019/04/18-4/19
幌泉郡えりも町・様似郡様似町移動
早朝ホーム室蘭を出て目的地、えりも町へ239km 約3時間40分。
途中様似町で武四郎対象地7個所で写真を撮り、えりも町郷土館へ。
駐車場を借りて1時間半の運用で54局交信、その後様似町へ。

アワードポイント
* 武四郎-139~144
* PK-219 観音山スポーツ公園 
* AM-056  
* 漁港-126~221
交信局数
4/18 13:28~17:06 130局(内JR8YPQ/8-60局)
4/19 08:00~10:04 114局(内JR8YPQ/8-44局)


2019/4/25-4/26
久遠郡せたな町移動
ホ-ム室蘭を8時過ぎに出てリクエストのある長万部町、国縫漁港サイトで運用。
30分間で20局交信し目的地せたな町へ。
まだ利用者がいない立像山(リッショウザン)公園。管理事務所に人がいる様なので一応使用許可を。
入園料として200円徴収。

久遠郡せたな町
アワードポイント
* 武四郎-167.168
* PK-184 立像山(リッショウザン)公園 
* AM-056  
* 漁港-058 狩場
* 漁港-059 鵜泊
交信局数
4/25 13:26~17:02 200局(内JR8YPQ/8-110局)
交信終了後今金町のビジネスホテルに一泊。

4/26
今回の目的地奥尻島に渡るため江差町へ。
途中旧大成町の武四郎対象地の太田神社により写真撮影。
江差町では船の時間まで少しあるためゲートボール駐車場で
1時間ほど運用。
10:10~11:15 61局交信